ハウスメーカー

一戸建てを建てるときの完全ガイド

京都で一戸建てを買うときの情報をまとめたページです。

 

 

【第1回】一戸建てが欲しいときに最初にすること

重要な部分から決める。

建売か注文住宅か

 

予算、住む場所、広さ

 

 

一戸建てを買うときの流れ,最初にすること|

【第2回】京都の一戸建ての予算感

京都は高い。

〜3000万円 田舎

〜4000万円 京田辺や滋賀。

〜5000万円 市内にある程度好きに

5000万円以上 どこでもどうぞ

 

 

京都の一戸建ての予算感|

【第3回】資産価値の高い一戸建ての考え方

新築プレミアムで新築戸建は微妙

中古戸建を選ぶか、資産価値は諦めて注文住宅で好きに建てるか。

 

築二十年の戸建

築3年の戸建

新築戸建

注文住宅(ミサワホームなどの)

 

 

 

資産価値の高い一戸建てとは|

【第4回】建売と注文住宅の違いと選び方

予算があるのなら注文住宅で基本です。

言うまでもなく、注文住宅の方があなたの望みが叶う可能性が高い。好きな形の家を、好きな間取りで作ることが出来ます。

リビングを広くしようか、おしゃれな壁紙にしようか、使いやすいキッチンやお風呂場を採用しようか。

全てが自由なのです。

対して、建売の唯一のメリットは「安さ」です。しかし、これは決して「お金がないなら建売にしろ」なんて単純な話ではありません。

例えば、予算が6000万円だったとしましょう。

めちゃくちゃ多いです。しかし、6000万円でも、京都市の高級住宅街の「下鴨」や「松ヶ崎」に注文住宅を建てるには予算が足りません。しかし、建売ならば買うことが出来る。

つまり、6000万円という豊富な資金があっても、2つの選択肢を選ぶことになるのです。

【立地優先】
→高級住宅地にコンパクトな「建売」を買う。

【建物優先】
→一般住宅地にこだわりの「注文住宅」を買う。

半額の3000万円ならば、こんなイメージですね。

【立地優先】
→一般住宅地に「建売」を買う。

【建物優先】
→郊外住宅地に「注文住宅」を買う。

どちらが良いかは価値観に依るので一概には言えません。

ただ、私は自分が注文住宅で建てたのもあって、立地よりも建物を優先した方が満足度が高いと思っています。

 

注文住宅関連の画像

 

また、建売と注文住宅の違いをじっくり知りたい方は、以下のページをご覧ください。

 

 

建売住宅と注文住宅の違い|それぞれのメリットデメリットをじっくり解説

 

 

 

 

 

【第4回】建売を買うときの考え方

予算と場所を決めて建てる。

不動産屋はどこでも同じだが、新築を買うときは建てた会社で買う。

 

 

 

 

 

詳しくはこちら

建売のカテゴリ

【第5回】注文住宅を建てるときの考え方

建築会社はどこを選んでも大差ない。

カタログを請求して、空気感があったところを選ぶ。

 

 

 

まとめ

 

 

-ハウスメーカー

© 2020 いえりゅうの注文住宅