設備や構造

ビルダー向け商品とは|お得に購入できる水回り設備について解説する

ビルダー向け商品とは

「ビルダー向け商品」とは、選ばれたハウスメーカーの新築住宅でしか販売できない商品のこと。

主に、住宅設備における水回りで利用されます。

「TOTO」や「リクシル」「タカラスタンダード」などの大手水回りメーカーには、

  • 一般向け商品
  • ビルダー向け商品

この2つが存在します。

大抵の場合、一般向け商品と対になったビルダー向け商品が存在し、機能はほぼ同じにも関わらず30%オフ程度で販売されているのです。

今回は、新築住宅におけるビルダー向け商品について詳しく解説します。

ビルダー向け商品の特徴

ビルダー向け商品の特徴は以下の3つです。

【1】価格が安い
→一般向け商品に比べると定価で30%ほど安い。ハウスメーカーによっては半額ほどになることも。

【2】大手メーカーでしか納入できない
→一定の施工数がないと販売ができない。そのため、大手ハウスメーカーではビルダー向け商品を使うが、小規模な工務店では一般向け商品を使う。

【3】機能は抑えられている
→贅沢な機能は取り払われている場合もある。

それでは、1つずつ詳しく解説します。

価格が安い

実際の商品を例にして見ていきましょう。

大手ハウスメーカーの標準トイレとして、よく採用されているのがTOTOのビルダー向け商品「HV(旧ZJ)」です。

TOTOのHV

これはTOTOの一般向け商品「GG-800」と対になっています。

見た目はほとんど同じですね。

TOTOのトイレ「GG-800」

機能もほとんど同じですが、価格には大きな開きがあります。

【HV(旧ZJ)手洗い付き】
→19万4000円~

【GG-800 手洗い付き】
→25万3800円~

このように約30%ほどの価格差があるのです。

加えて、上記はあくまでも「定価」 実際の設置費用はハウスメーカーが自由に決めるため、場合によってはもう一回り安くなることもあります。

大手メーカーでしか設置できない

ビルダー向け商品を設置できるのは施工数の多いメーカーだけです。

明確な基準があるわけではないのですが、全国展開のハウスメーカーでは大半がビルダー向け商品を設置しているにも関わらず、地元密着型の工務店でビルダー向け商品を設置しているところは少ない。

もちろん、新築住宅にビルダー向け商品が必須な訳ではありません。

しかし、水回りの設備だけを見ても、

  • キッチン
  • バスルーム
  • 洗面台
  • トイレ

以上のように4ヶ所は必ずあり、一般向け商品を定価で設置した場合の合計金額は300万円を超えることも少なくないのです。

これらを全てビルダー向け商品にして30%オフの価格で設置できるのであれば、それだけで100万円近くの住宅費用を節約することが出来る。

そのため、一定以上の規模を持つハウスメーカーの方がコスパは良くなることが多いのです。

機能は抑えられている

商品によっては一部の機能が省かれている場合もあります。

先ほども登場したTOTOのトイレを見てみましょう。

ビルダー向けの「HV(旧ZJ)」と、一般向け「GG-800」の機能はほぼ同じです。デザインも似ていますし、メイン機能の、

【セフィオンテクト】
→便器内の凹凸をナノレベルでツルツルに。汚れがつきにくい。

【プレミスト】
→利用前に便器に水を噴射して汚れをつきにくくする。

【スゴフチ】
→フチが存在しないため、汚れが溜まりにくく、掃除しやすい。

などはどちらにも搭載されています。

TOTOのプレミスト

出典:TOTO公式サイト

しかし、「フタのオート開閉」はGG-800にしか搭載されていません。

トイレの自動開閉

出典:TOTO公式サイト

違いは、そのくらいです。

他のビルダー向け商品を見ても、キッチンなら選べる扉色が少なかったり、洗面台なら収納ボックスが1つなかったり、そんな感じ。

そのため、よほどの拘りがない限りは「ビルダー向け商品」を選んだ方がコスパは良くなります。

ビルダー向け商品の具体例をいくつか紹介

全ての商品に「ビルダー向け」が存在する訳ではありません。

大抵の場合、各メーカーの中価格帯の商品のみ「ビルダー向け」が存在します。

加えて、ビルダー向け商品は公式HPにも掲載されておらず、ショールームでも一般客が認識できない場所に展示されているのです。何度も登場しているTOTOの「HV (旧ZJ)」なんて、従業員用の通路みたいな場所に展示されてますからね。

TOTOの「NJ1」の展示

そのため、詳しい情報が欲しいのならショールームに行って、カタログをゲットしてみてください。

TOTOの「ZJ」

TOTO

中価格帯のトイレのみ「ビルダー向け商品」を展開しています。

具体的には、以下の2つ。

【GG-800】
→ビルダー向け「HV(旧ZJ)」

【ネオレストDH】
→ビルダー向け「NJ」

「タンクありトイレの売れ筋」と「タンクなしトイレの売れ筋」ですね。

ちなみに、ビルダー向けの「NJ」はこれ。一般向けの「ネオレストAH」と見た目の違いはほとんどありません。

TOTOの「NJ1」

ビルダー向け「NJ1」

TOTOの「ネオレストDH」

一般向け「ネオレストDH」

「キッチン」「洗面台」「バスルーム」にはビルダー向け商品は存在しません。

リクシル

リクシルは「キッチン」と「トイレ」「洗面台」にビルダー向け商品を展開しています。

リクシルの水回り商品は、いずれも、

  • 高価格帯
  • 中価格帯
  • 低価格帯

この3つに分けられるのですが、全ての「中価格帯」でビルダー向け商品を展開しているイメージです。

具体的には、

【キッチン】中価格帯アレスタ
→ビルダー向け「AS」

【洗面台】中価格帯LC
→ビルダー向け「MV」

【トイレ】中価格帯プレアス
→ビルダー向け「ベーシア」

この3つ。

リクシルのビルダー向け商品は、一般向け商品との違いがほとんどありません。

パナソニック

パナソニックには「ビルダー向け商品」がほとんど存在しません。

それぞれの設備の低価格帯、「V-style(キッチン)」や「FZ(バスルーム)」がビルダー向けとして扱われることが多くなっていますが、一般客でも購入できる上に公式HPにも掲載されています。

本来の意味でのビルダー向け商品はトイレの「アラウーノZ」だけです。

パナソニックの「アラウーノZ」

こちらは、トイレ中価格帯の「アラウーノS141(旧アラウーノSⅡ)」のビルダー向け。

アラウーノZはオープン価格のため定価が存在しないのですが、一般向けのアラウーノS141でさえ21万円~というお手頃価格のため、タンクレストイレを安く取り入れたい人にはイチ押しです。

タカラスタンダード

タカラスタンダードは全ての設備に「ビルダー向け」をラインナップさせています。

TOTOやリクシルと違い、一般向け商品と対になるラインナップではなく、あくまでも独立したビルダー向け商品として展開されているのが特徴です。

【キッチン】
→グランディア、オフェリア

【洗面台】
→ドレシオ、エリシオ

【バスルーム】
→リラクシア

【トイレ】
→ティモ二

タカラスタンダードのビルダー向け商品はオプションをつけなければ非常に安価なため、少しでも予算を抑えたいのであれば覚えておいて損はありません。

まとめ

ビルダー向け商品は、非常におトクなラインナップです。

一般向け商品と機能はほとんど変わらず、価格は約30%オフで設置することが可能になっています。

水回りの設備は合計で300万円を超えることも珍しくありません。そのため、まだハウスメーカーを決めかねているのであれば、

「ビルダー向け商品を扱っているかどうか」

で考えるのも正解です。

1つ1つのハウスメーカーをチェックするのは大変ですが、「タウンライフ家づくり」のような一括で資料を請求できるサービスを利用すれば手間はなくなります。申し込み備考欄に「水回りの標準設備を教えてほしい」と記載しておきましょう。

【タウンライフバナー】

【タウンライフボタン】

-設備や構造

© 2020 いえりゅうの注文住宅